Raspberry PiでリモコンYoutubeプレーヤーを作る

eyecatch_raspberry_cut

今回は、少し趣向を変えて、手元のスマートフォンから操作できるYoutubeプレーヤーを構築する方法を紹介します。

XBMCというオープンソースのメディアセンターソフトウェア(http://sourceforge.jp/projects/xbmc/)が公開されていて、それをRaspberry Pi用にチューンしたものが公開されています。

中でも有名なのが、

  • OpenELEC
  • Raspbmc
  • Xbian

の3つです。

http://goshawknest.wordpress.com/2013/02/19/openelec-vs-raspbmc-vs-xbian/

に詳しい比較が出ています。

Raspbmcをインストールした例は色んな方が紹介されているので、今回は上記記事の中でオススメされていたXbianをセットアップして、さらにYoutube再生プラグインを導入することで手元のスマートフォンから自由にYoutubeを楽しむ環境の構築をしてみたいと思います。

Xbianのインストール・初期設定

まずは、XbianのイメージをSDカードにインストールする必要があります。公式ページでは、2GB以上のSDカードを用意することを推奨しています。今回は4GB、class4のものを用いました。オフィシャルページ(http://xbian.org/)へ行き、ダウンロードページを見てみると、Windows、Mac OSX、Linuxそれぞれのインストーラが配布されています。ここでは、Ubuntu12.04 64bitの環境で作業した場合を説明します。

Linuxでこのインストーラを利用するには64bit、X11、Qt5以上が利用可能な環境が必要なのですが、Ubuntu12.04では残念ながらQtのバージョンが4.xなので、このインストーラを利用することはできません。そこで、ダウンロードページの下の方にあるrawイメージをマニュアルインストールすることにします。イメージは、XBian 1.0 Alpha 5をダウンロードします。すると、7z形式で圧縮されているので、それを解凍してから、ddコマンドを使ってイメージを次のように書き込みます。

[bash]
hostpc$ sudo apt-get install p7zip-full
hostpc$ 7z x XBian_1.0_Alpha_5.7z
hostpc$ sudo dd if=XBian1.0Alpha5.img of=/dev/sdc
[/bash]

ここでは、SDカードリーダにささっているSDは/dev/sdcとして見えているものとしました。

これで、無事、書き込みが終わったらSDカードを外し、Raspberry Piにさして電源投入すると、Xbianが起動します。この時、本体のHDMI出力にはモニタへのHDMIケーブルを、USBにはマウス、キーボードを、そして有線LANの口にはイーサネットケーブルを接続しておきます。モニタがHDMIで音声出力ができないタイプの場合には、アナログ端子にスピーカーを接続しておきます。

起動したら、まずは、言語と時間を設定ます。
「System」ー>「Settings」->「Appearance」を選択します。画面内で、最初に「Character set」 を「japanise(Sift-jis)」にした後に「Language」を「japanese」します。先に「Language」を変更すると全体が文字化けしてしまうので、注意が必要です。更に、タイムゾーンをjapanに設定します。

次に、デフォルトの音声出力先を設定します。
「システム」→「設定」→「システム」→「オーディオハードウェア」を選択します。「オーディオ出力」の項目がデフォルトだと「HDMI」になっています。HDMIを接続しているモニタから音声も出力できる場合はそのままで良いですが、アナログ端子から音声を出力する場合は、「アナログ」に変更します。

以上で、ネットワークメディアプレーヤーとしては使えるようになりました。再生するコンテンツをお持ちの方は、NASなどネットワークでアクセスできるところに動画、音楽ファイルがあれば、それを再生して楽しむことができます。

YouTubeアドオンのインストール

今回は、楽しむコンテンツがすぐ用意できないという場合を考えて、Xbian上でYouTubeを使えるようにする方法を紹介します。

YouTubeの設定方法については、

http://xbmc.inpane.com/main/heavy_user/script.php

を参考にして、設定を行います。

まずは、ホームに戻り、「ビデオ」→「アドオン」を選択します。すると、一覧に「GetMore…」と出てくるので、それを選択します。アドオンの一覧が出てくるので「YouTube」を選択して、インストールします。

インストールが完了し、「有効」と表示されたら、「ビデオ」→「アドオン」を選択した時に「YouTube」が表示されるようになるので、そこににカーソルを合わせて右クリックし、アドオン設定を選択して、OKします。そして、「一般」タブを選択し、「最大ビデオ品質」を1080pにしてOKします。

設定が終了したら「YouTube」を選択して、アドオンの起動をします。検索を選択して、適当な名前を入力すれば、後は、結果のサムネイルが表示されるので、適当に選択して、映像、音声が、再生されることを確認します。HD画質のビデオもコマ落ちなく、再生されます。1点、日本語での検索ができないところが残念ですが、それ以外は問題なさそうです。

スマートフォンからのリモコン操作

最後に、XBianをスマートフォンをリモコンとして操作する方法を紹介します。といっても、XBMCに対応した公式のアプリがフリーで提供されていますので、それを使うだけです。”xbmc”で検索するとiOS、Androidいずれの場合も「Official XBMC Remote」というアプリが見つかるので、それをインストールします。

インストールが完了したら、スマートフォンがRaspberry Piと同じネットワークに接続していることを確認し、アプリを起動します。起動後の最初の画面の左下に「Add Host」と出てきますので、それをクリックして、次の画面で中程にある「Find XBMC」を押すと、自動的に見つけてくれますので、「Save」ボタンをおします。トップ画面に戻ってきたら、見つかったデバイスが表示されますので、それをタップすると出てくるメニューの中から「REMOTE CONTROL」を選べば、リモコンとして使うことができます。

これで、手元のスマートフォンから操作できるYouTubeプレーヤーが完成しました。

1件のコメント

  1. 大変に参考になりました。RaspberryPiでYoutubeを楽しめるようになりました。あいがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です