スマートメーター[Bルート]の事例

smart_eters_R

←HEMSとは?BEMSとは?へ戻る

東京電力東芝ライラック(株) スマートメーター対応HEMS

smart-meter2_R東京電力の電力メーター情報発信サービス(Bルートサービス)の開始に対応し、東芝ライラック(株)からHEMSコントローラ(ホームゲートウェイ、スマートメーター、920MHzで無線通信をおこなう920MHzUSBアダプタ)が発売(価格は39,800円(税抜き))されました。さらに、HEMSを実現するクラウドサービス『フェミニティ倶楽部』もスマートメーターsmart-meter1_Rに対応したコンテンツを公開されています。これにより、スマートメーターとホームゲートウェイ間の通信(Bルート)で、積算電力量や瞬時電力などのデータ通信が可能になり、積算電力量はクラウドサーバ『フェミニティ倶楽部』に蓄積することが可能となっています。 『フェミニティ倶楽部』については、スマートメーターの積算電力量のデータ蓄積だけでなく、タブレットによる瞬時電力などの「見える化」も実現しています。宅外でスマートフォンによる積算電力量の「見える化」も対応予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です