スマートハウス、HEMS通信規格 ECHONET Liteとは?

echonet_R

←HEMSの通信規格へ戻る

ECHONET Liteとはスマートハウス向けのオープンな国際標準通信規格です

ECHONET Liteはエコーネットコンソーシアムによって作成され、ISO規格及びIEC規格として国際標準化された規格です。2011年12月に一般公開されました。日本の経済産業省により、HEMSの標準プロトコルとして認定されました。規格書はこちらからダウンロードできます。

コンソーシアム参加企業は主に日本企業で193社、スマートメータ規格としても採用され、日本でのスタンダードに

コンソーシアム参加企業には下記の企業が含まれます。詳しくはこちらのサイトに一覧があります。

東京電力、東芝、シャープ、NTT、日立、パナソニック、三菱電機、アドソル日新、アイホン、アンリツ、アズビル、大阪ガス、オムロン、沖電気、関西電力、京セラ、四国電力、住友電気、ダイキン、ダイワハウス、中国電力、中部電力、デンソー、東京が図、TOTO、トヨタ自動車、NEC、富士通、本田技研、LIXIL、リンナイ

ECHONET Lite対応製品は266種類(2014年12月時点)

エコーネットコンソーシアムのサイトに対応機器一覧があります。例えば下記の機器があります。

住友精密工業製EcoWizard遠隔監視システム

電力/温度/湿度/流量パルス等を取り込む無線センサ端末です。

●機器ごとに電力量計をつけてエネルギー消費を監視/記録できます。
●パルスを出すガス/水道/電力メータ等 の計器を接続することもできます。
●一般に、EcoWizardを駆使した削減努力でピーク25%ないし全体で10~15%の省エネ例が見られます。
●連動して空調のHA端子や照明用リモコンリレーを自動On/Offするオプションがあります。
●エコネット ライト(ECHONET Lite)機器と通信でき、HEMS BEMS MEMSにご利用いただけます。
●クラウド等あらゆる上位システムと連携しスマートシティ・ビッグデータのサブシステムとして対応可能です。

BEMS_HEMSセンサ端末画像

(http://www.xbow.jp/01products/ecowizard.html より)

 

日新システムズ製EW-ENET Lite

ECHONET Lite対応のミドルウェアです。C言語版とJava版があります。ガス漏れセンサ、タバコ煙センサ、フロアヒータ、電気こたつ、時計、燃料電池、ホームサウナ、電気蚊取り器、血糖値系など様々な機器を想定して作られています。

アダプタ対応図

((http://www.co-nss.co.jp/products/middleware/enetlite.html より)

シャープ製エアコン E-SXシリーズ

メインアングル大

(http://www.sharp.co.jp/aircon/products/esx.html より)

東芝製冷凍冷蔵庫GR-G56FXV

GR-G56FXVの写真

(http://www.toshiba.co.jp/living/refrigerators/gr_g56fxv/ より)

 試してみるにはOpenECHOが使えそうです

OpenECHO Logo

OpenECHOはKadecotプロジェクトにより作成されたオープンソースライブラリです。githubにて公開されています。こちらのサイトに説明が載っています。MoekadenRoomという部屋のエミュレータも公開されています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です