スマートハウス、HEMS通信規格、Z-Wave

z-wave_003_R

 ←HEMSの通信規格へ戻る

Z-Wave

Z-Waveは技術はZensys社(デンマーク)とZ-Waveアライアンスが開発した無線通信プロトコルです。低電力、長時間運用を要求する装置のために設計された低電力RF通信技術で、照明コントローラやさまざまなセンサなどホームオートメーション製品向けに設計されたものです。日本ではなじみが薄いかもしれませんが、世界では1400種以上の相互運用可能な認定製品があります。なお、Zensys社(デンマーク)は2009年に米の半導体メーカーSigma Designs社に買収されています。

Z-Waveは最大100kbit/sの小さなデータパケット通信で、信頼性が高く、低レイテンシ(※1)に最適化されており、使用する周波数帯は日本の場合は2012年に認可された920Mhz帯のため、無線LANや電子レンジなどとの干渉もなく、2.4GHzに比べ波長が長いため障害物などを回り込む(回折)ことで通信し易くという特性があります。

また、Z-Waveはコーディネータノードの必要のないフルメッシュネットワークに対応しており、コントローラ1台あたり、最大で232台のノードと接続可能です。Z-Waveでは、ノード Aとノード Cがお互いに通信できない距離にあっても、三番目のノード Bを通じてメッセージを送ることができます。Bノードが使えない場合は他のルーティング経路を捜します。 したがってZ-Waveの単一ユニットの通信距離は30mとされていますが、Z-Wave ネットワークにより遠い送信距離を持つことができます。

主要規格は次のようになっています。

通信速度: 9.6 Kbit/s または 40 Kbit/s

変調方式: GFSK

距離: 屋外で最大約 100フィート(約 30メートル)

周波数: 900MHz ISM Band. 908.42MHz(アメリカ), 868.42MHz(ヨーロッパ), 919.82MHz(香港), 921.42MHz( オーストラリア 及び ニュージーランド)

ネットワーク構成 : 最大 232個のユニット

(※1) レイテンシ (latency) は待ち時間という意味で、ここではデバイスに対してデータ転送などを要求してから、その結果が返送されるまでの遅延時間のことを言います。低レイテンシということは待ち時間が短いということになります。

zwave_012_R

(Tech_Direct http://www.technical-direct.com/jp/2014-04/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8E%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%81%A8%E6%A4%9C%E8%A8%BC%E3%81%AE%E8%A6%81%E7%82%B9/ より)

Z-Wave Allianc

Z_wave_allianceZ-Wave を推し進める規格団体がZ-Wave Allianceで、2005年1月に設立されました。ホームテクノロジ分野の大手企業で構成されており、主要メンバー企業には、ADT、Evolve Guest Controls、FAKRO、 Ingersoll-Rand、Jasco Products、LG Uplus、Nortek Security & Control、Sigma Designsなどがあります。現在は350社以上の企業によってサポートされており、防犯やホームセキュリティ、エネルギー、ホスピタリティ、オ フィス、小規模商用機器などのスマートリビングソリューションにおける快適性、利便性、省エネルギー、安全性、およびセキュリティの向上に役立つ最先端の製品とシステムを提供しています。

日本でのZ-Wave事例

LIVE CONNECT(ライブコネクト)

株式会社Z-Worksは、クラウドファンディングサイト「kibidango(きびだんご)」にて、8月24日(月)より、Z-Waveを採用した自宅見守りIoTキット「LIVE CONNECT(ライブコネクト)」の支援者を募集開始するとのことです。

「LIVE CONNECT」は、Z-Worksが開発したIoT導入支援プラットフォーム「Z-Works Life Engine」を応用した自宅見守りIoTキットで、人の動きや室内温度を感知する「マルチセンサー」、鍵の閉め忘れを確認できる「施錠センサー」、ドアの開閉を感知する「ドアセンサー」が無料のスマートフォンアプリと連動し、自宅だけでなく、遠く離れた家族の見守りも可能にするものです。

z-wave_001_R

(IoTNEWS.jp http://iotnews.jp/archives/4032 より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です