スマートハウス、HEMS通信規格、DLNA

dlna_001_R

 ←HEMSの通信規格へ戻る

DLNAとは?

DLNA(Digital Living Network Alliance)はAV家電機器や、パソコン・周辺機器、 モバイル機器などのメーカーにより結成された業界団体で百数十社が参加しています。前身はDHWG(Digital Home Working Group)で2003年6月に設立され、2004年6月にDLNAと改称しました。

DNLAは、各社のテレビやレコーダーといったAV家電をはじめ、パソコンおよびスマホ/タブレット端末などが互換性を持って、LANを通じて、映像・音楽・写真をやりとりできるようにするためのガイドラインを作成しており、DLNAと言ったとき、一般にはこのガイドラインを指すことが多いようです。DLNAは規格でなはなく「ガイドライン」なのですが、それは、使われている技術は既存のものであり、それらを取りまとめたルールにすぎないからです。

このガイドラインでは、プロトコルや ユーザーインターフェース、コンテンツのフォーマットなどを定めており、DLNAに対応している機器は、メーカーや機種が異なっていてもホームネットワークを介してお互いを認識し、音楽、動画など様々なコンテンツを共有することができます。

DLNAの構成

DLNAは、コンテンツを配信する「サーバー」機器とコンテンツを受信する「クライアント」機器の二つで構成されています。この環境のことを、「2Box」と言います。これに「コントローラ」を加えた環境は「3Box」と言います。また、DLNAは、IP、TCP/UDP、HTTPといった通信プロトコルを基盤とし、ホームネットワーク内の対応機器を自動で検出、通信するための仕組みとしてはUPnP DA (Device Architecture)を採用しています。またAV機器等の機器間でのやり取りはUPnP AV、UPnP Printerなどを採用しています。

dlna_004

(LANHOME http://www.lanhome.co.jp/dlna.html より

DLNAのバージョンとその違い

DLNAにはDLNA1.0(2004年)、DLNA1.5(2006年)、DLNA2.0(2009年)の3つのバージョンがあります。また、ガイドラインでは基本的な機能を「デバイスクラス」と呼んで分類していますが、各バージョンは次のようなデバイスクラスを含んでいます。

 DLNA1.0  DLNA1.5  DLNA2.0

・DMS (Digital Media Server)・・・サーバのコンテンツをクライアントに配信する機能

・DMP(Digital Media Player)・・・サーバのコンテンツを検索して、再生する機能

・DMR (Digital Media Renderer)・・・コンテンツの再生機能だけを持っている

・DMC (Digital Media Controller)・・・DMSとDMPをコントロールする機能。サーバ(DMS)のコンテンツの再生を指示して、DMRやDMPで再生させる。

・DMPr (Digital Media Printer)・・・プリンタでプリントを実行する。

・M-DMS (Mobile Digital Media Server)・・・モバイル機器向けのDMS機能

・M-DMP (Mobile Digital Media Player)・・・モバイル機器向けのDMP機能

・M-DMC (Mobile Digital edia Controller)・・・モバイル機器向けのDMC機能

・M-DMD (Mobile Digital MediaDownloader)・・・モバイル機器向けのファイルのダウンロード機能

・M-DMU (Mobile Digital Media Uploader)・・・モバイル機器向けのファイルのアップロード機能

・MIU(MobileIntreoperability)・・・モバイル機器向けのコンテンツの形式を変換する機能

・M-NCF(Mobile Network Connectivity Function)・・・ホーム機器とモバイル機器をつなぐブリッジ的な機能

 DLNA1.5以下を追加

・リモートユーザーインターフェース

・番組表

・録画予約

 ・コンテンツの同期(サーバ機器とモバイル機器の間でのコンテンツデータの同期)

・リンクレイヤーの保護(無線LAN自動設定方式「WPS」への対応と「IEEE802.11n」にの対応)

・物理層インターフェースMoCA(ケーブルテレビ用の同軸ケーブルを通信路として使用するホームネットワークの規格MoCAに対応)

※MoCA(Multimedia over Coax Alliance)

DLNA1.0は、サーバのコンテンツをクライアントから検索して再生するという比較的単純な仕組みとなっています。

DLNA1.5は、「コントローラ」を追加して「3Box」となり、サーバとクライアントを外からもコントロールしたり再生したりする機能が追加されています。対応する機器もモバイル機器やプリンタへと拡張されています。また、DTCP-IPという規格に対応し、著作権保護(DRM)が施されました。これにより、地上/BS/CSデジタル放送のネットワーク再生が可能になりました。

dlna_008_R

(http://community.phileweb.com/mypage/entry/2023/20101030/21274/ より)

DLNA2.0では、モバイル機器の使い勝手を向上する機能が追加されています。

(執筆中)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です