OpenCellular

opencellular_003_R

OpenCellular

Facebookのミッションは、「Our mission is to make the world more open and connected.(私たちの使命は世界をよりオープンに、そしてよりつながれたものにすること)」だそうです。FacebookのWebサイトにも、ミッションは「誰もが安心して情報を共有できる、オープンでつながりのある世界を実現すること」と記されています。
そんなFacebookのミッションの実現に向けて、いろいろな取り組みが行われているようですが、2016年7月6日に発表されたオープンソースの無線接続プラットフォーム「OpenCellular」もその一つなのかもしれません。

Facebookの発表資料の「Introducing OpenCellular: An open source wireless access platform」によれば、このシステムはストラップ、取り付け用ブラケット、ケース、そして、「General-baseband computing (GBC)」ならびに「radio frequency (RF) 」という2種類のボードなどによって構成されているようです。

OpenCellularの仕様

ハードウェアは世界で最も過酷な条件に耐えうることを確認し、強風、極端な温度などどんな気候にも耐えるマウントソリューションを設計したと述べています。場所をほとんどとらず、樹や街灯、電柱などに一人でも設置可能です。

opencellular_002_R(https://code.facebook.com/posts/1754757044806180/introducing-opencellular-an-open-source-wireless-access-platform より)

また、2G、4G(LTE)、それにWi-Fiなど、さまざまな無線通信技術をサポートし、ボックス型のネットワーク機器からアクセスポイントまでさまざまなデバイスに実装できます。また、あらゆる人のネット接続のニーズに合わせてカスタマイズできるため、農村部でも都市部でもネットワークを構築できるといいます。
Open Cellularを構成する「General-baseband computing (GBC)」ならびに「radio frequency (RF) 」の2種類のハードウェア(ボード)のうち、GBCボードには、電源、ハウスキーピング用マイクロコントローラ、マイクロプロセッサ、タイミング/同期モジュール、センサー、及び制御機構が備わっています。また、Power over Ethernet(PoE)、太陽光、DC電源、外部バッテリー(密閉型鉛蓄電池)、内部バッテリー(リチウムイオン)などをサポートし、さまざまな入力電源を利用できるように設計されています。また、温度、電圧、電流などを監視する多数のセンサーを有しています。
radio frequency (RF) ボードには、システムオンチップ(SoC)とソフトウェア無線(SDR)という2つのバージョンがあり、どちらもオープンソースおよび商用のさまざまなセルラースタックをサポートしています。

opencellular_001_R(https://code.facebook.com/posts/1754757044806180/introducing-opencellular-an-open-source-wireless-access-platform より)

発表では、プラットフォームの最初の実装は2016年夏ごろに利用可能になる予定とのことですので、もうすぐのようです。現在、Facebookの研究室でシステムのテストをしており、これまでにSMSメッセージ、音声通話、2Gを使ったデータ通信などを確認済みとのことです。今後は同社が主導するOCP(※1)の通信インフラ版であるTIP(※2)のメンバーと連携して、ハードウェアの技術的な機能、および運用面の検証を行っていくとしています。そして、OEMやODMとの協業を進め、このプラットフォームを広く普及させたいとしています。

Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOは、OpenCellularについて自身の投稿で、

「Along with our solar-powered aircraft Aquila and high-bandwidth laser beams, OpenCellular is the next step on our journey to provide better, more affordable connectivity to bring the world closer together.」

と語り、OpenCellularは、ドローンインターネットプロジェクトの「Project Aquila(※3)」や高速ネットワークプロジェクト(※4)に続くステップと述べています。
(※1)OCP(Open Compute Project)
Open Compute ProjectはFacebookが2011年4月に立ち上げたデータセンターで使用するサーバーやストレージ、ネットワーク機器、ラック、空冷装置などのハードウエアの設計図をオープンソースとして開発・公開するプロジェクトです。150社を超えるさまざまな企業が参加しています。

(※2)TIP(Telecom Infra Project)は2016年2月にFacebookが立ち上げたプロジェクで、Nokia、Intel、Deutsche Telekom、SK Telecom、Globe Telecom、Equinixなどが参加しています。
携帯通信網の構築・導入に必要なハードウエアやソフトウエア、関連技術をオープンソース方式で開発を進め、無線通信環境の整備が進んでいない遠隔地などにおける通信環境の向上に役立てる願いがあるようです。TIPは、「Internet.org(インターネット・ドット・オーグ)」の一環という位置付けとなっています。

(※3)「internet.org」(Facebookが2013年8月に立ち上げた団体で、インターネット環境を持たない世界中の50億人をネットにつなげることを目標としています)の活動の一環として、研究チーム「Connectivity Lab(次世代インターネット網構築に取り組む研究所で、インターネットをすべての人々に提供するための無人機、衛星、レーザー光線を開発しています)」が取り組んでいるプロジェクトで、「Aquila(わし座)」は同研究チームが開発した無人機(ドローン)です。翼幅はボーイング737よりも長く、翼の表面を太陽電池が覆っています。重量は一般的な電気自動車の3分の1以下と軽く、6万(1万8千メートル)~9万フィート(2万7千メートル)に1カ月滞在(1度の飛行時間は最大90日間)できるとしています。そして、遠隔地に住む人々にインターネット接続手段を提供します。

opencellular_004_R(http://newsroom.fb.com/news/2015/07/new-milestones-in-connectivity-labs-aircraft-and-laser-programs/ より)

(※4)Connectivity Labでは「Terragraph」と「ARIES(Antenna Radio Integration for Efficiency in Spectrum)」という2つの高速ネットワークプロジェクトに取り組んでいます。前述の「Project Aquila」はドローンを使うものですが、この2つのプロジェクトは、地上に設置するアンテナを利用するものです。Terragraphは60GHz帯の無線通信「WiGig」を使い、人口密集地域(都市)に超高速なモバイル回線を提供することが目的としています。ARIESはFacebookが「Massive MIMO」と呼ぶMIMO形式のシステムで4G回線を提供する取り組みで、過疎地域での高速インターネット接続を想定しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です