MVNOを含むIoT/M2Mシステムの構成事例

mvno_image

MVNOとは、総務省の定義によると、

  1. MNOの提供する移動通信サービスを利用して、又はMNOと接続して、移動通信サービスを提供する電気通信事業者であって、
  2. 当該移動通信サービスに係る無線局を自ら開設しておらず、かつ、運用をしていない者

のことです。Wikipediaによるとデータ通信系のMVNO業者で現在もサービスを提供しているのは37社あります。 IoT/M2Mの通信システムを構築する際、3G/LTE回線を利用してインターネットに接続できるシステムを構築しようと思った場合、MVNO業者の回線を使うことも候補となります。このIoT/M2Mシステムを組む場合、どの業者のどんな商品を選ぶとよいのでしょうか。以下では、M2M、IoT向けとうたっているモバイル通信サービスをご紹介します。

京セラコミュニケーションシステム(KCCS) Pilina 3G/LTE

小容量データ通信向けに通信料、通信速度を最適化したM2M専用モバイル通信プランです。月額290円からと低価格になっています。グローバル固定IPアドレスを利用することができ、アクセス制限の設定など適切なアクセスコントロールができるようになり、より安全性の高いM2Mシステムを構築することができます。

mobile-pilina_service_01 (http://www.kccs.co.jp/ict/mobile-pilina/service.html より)

Lymphnet社M2Mソリューション

同社の提供するMVNOネットワークは、下記の点で優れているそうです。

  • 製品間通信の特徴から期待される料金
  • MVNO事業者が担う付加価値サービス
  • 製品情報資産に関する情報セキュリティー
  • 通信料金と遠隔管理・制御技術によるバンドルサービス
  • MVNO事業者に通信サービスを提供しているNTTドコモ社などテレコムオペレータとMVNO事業者の競争と協調のバランス

(http://lymphnet.jp/m2m/mvno.html より)

丸紅無線通信株式会社 M2M専用プラン

同社は、M2M向けに、SIMとデータ通信容量は別課金、という特徴を持つ料金プランを提供しています。また、速度、容量、接続期間などに合わせた、オリジナルな料金プランも提供しています。

mr_gm2_top (http://marubeni-wireless.com/snd_price_m2m.html より)

 CSC社「ワンコイン通信100」

同社のサイトによると、CSC社は、日本初のワイヤレスM2Mサービスプロバイダです。2014年6月から、月額基本料金が100円から、月100kバイトの通信量のプランを提供しています。

wirelessM2M_r4 (http://www.cyberspacecomm.com/business.html より)

同社サイトによると、大日本印刷の「トレイルキャッチ」という物流履歴管理サービス、昭和システム開発の「ZigPlat」という河川水量監視システム、などに採用されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です