Intel Edisonを動かす(6) Bluetoothを動かす編

edison_001_R

Intel EdisonをBluetoothスピーカにする第3弾です。前回までにEdisonにUSBオーディオアダプを認識させ、サウンドサーバ「pulse audio server」がEdisonに入っていることを調べました。今回は実際にEdison上でBluetotthを動作させたいと思います。

それではEdisonの電源を入れ、シリアルコンソールを開きます。Bluetooshを動かすための参考資料を開き、「3.1 Enable and disable Bluetooth* on Intel® Edison」を見ます。
現在のBluetoothの状態を確認するために「rfkill list」コマンドを入力します。

2015-3-14_14-58-9_COM11115200baud - Tera Term VT

2: bcm43xx Bluetooth: bluetooth の項目において
Soft blocked: yes となっており、bluetoothが有効になっていません。rfkill unblock bluetoothとコマンドを入力し、有効にします。

2015-3-14_15-5-59_COM11115200baud - Tera Term VTSoft blocked: no となり、新たな項目として
3: hci0: Bluetooth
Soft blocked: no
Hard blocked: no
が表示されました。
次は2つのコマンドを入力します。
agent KeyboardDisplay
default-agent
これにより、スマホからペアリングしたときにシリアルコンソールでペアリングの許可の入力ができます。2015-3-14_18-53-30_COM11115200baud - Tera Term VT

次は他のBluetooth機器からEdisonを検出できるようにします。
bluetoothctl と入力し、[bluetooth]# が出力されるので、show と入力します。
2015-3-14_15-41-36_COM11115200baud - Tera Term VT他の機器からEdisonを検索できるようにするためには、
Discoverable: no
をyesにします。そのためにコマンド discoverable on  と入力します。
2015-3-14_18-23-19_COM11115200baud - Tera Term VT確認のために、showと入力します。Discoverable: yes となっています。
次にペアリング時の認証設定をします。
agent NoInputOutput
default-agent
と入力します。
2015-3-15_9-44-34_COM11115200baud - Tera Term VT

この状態でAndroidスマホから検出してみます。
Bluetoothの設定画面を開きます。
2015_03_14_17.00.40「デバイスの検索」をクリックします。
2015_03_14_15.53.29「edison」が表示されたら、クリックしてみます。
Screenshot_2015-03-15-09-47-05ペアリングを開始しました。この時、Edisoのシリアルコンソールは
2015-3-15_9-47-25_COM11115200baud - Tera Term VTとなり、ペアリングを求めているので、「yes」と入力します。
2015-3-15_9-47-43_COM11115200baud - Tera Term VTちょっと見にくいですが、最後の行に「Authorize service」としてyes/noを求めているので「yes」と入力します。2015-3-15_9-48-23_COM11115200baud - Tera Term VT確認のために「devices」と入力します。
2015-3-15_9-50-25_COM11115200baud - Tera Term VTスマホのアドレスが登録されています。一方、スマホ側の画面は
Screenshot_2015-03-15-09-47-44「edison」が「接続済み」となっています。
これでedisonとスマホでペアリングできました。
ここでスマホからedison側で音楽を再生すればペアリングされたedison側に送られ、そのスピーカから音が出れば良いのですが、そうは問屋が卸しません。

この続きは次回に!

おまけ
上記の状態でquitを入力してbluetoothctlを終了すると、スマホからペアリングしても接続できません。quitする前にtrustコマンドでペアリング相手を登録しておけばOKです。

2015-3-15_10-3-36_COM11115200baud - Tera Term VT

⇐Bluetoothを調べる編へ戻る

BluetoothとUSBサウンドアダプタを関連付ける編へ⇒

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です