Intel Edisonを動かす(3) アップデート編(その2)

edison_001_R

前回でBreakoutボードにUSBケーブルを接続するところまででした。今回はIntel Edison BreakoutボードのFWをアップデートします。

アップデートの大きな流れは以下のとおりです。

  1. USBシリアルドライバのインストール
  2. ターミナルソフトのインストール
  3. Edisonドライバのインストール
  4. EdisonをPCに接続
  5. Edison FWをアップデート!(やったぁ)

こうやって書き出してみるとたったこれだけ?と感じるかもしれませんが、やってみると結構時間がかかったりするのが、この手では当たり前です。最後のFWアップデートは超簡単です。こういった組み込みボードやLinuxの知識がない人でも簡単に行えること間違いありません!  …多分

さてそれでは実際にやってみましょう。

  1. USBシリアルドライバのインストール
    • ここからUSBシリアルドライバをダウンロードします。
    • ドライバのファイル名は CDM v2.10.00 WHQL Certified.exe です。これをクリックしてインストールします。

    ftdi_driver_exe

    1. セキュリティ警告がでます。「実行」を選択します。2-1 SnapCrab_開いているファイル - セキュリティの警告_2015-2-21_10-4-8_No-00
    2. インストールが始まります。「Next」を選択します。2-2 SnapCrab_FTDI CDM Drivers_2015-2-21_10-4-40_No-00
    3. 「次へ」選択します。2-3 SnapCrab_Device Driver Installation Wizard_2015-2-21_10-5-45_No-00
    4. 「完了」を選択してインストール完了です。
  2. ターミナルソフトのインストール
    1. ターミナルソフトはおなじみTeraTermを使います。
    2. ダウンロードサイトはここです。今回はバージョン4.85を使用します。
    3. インストールの流れは以下のとおりです、参考にどうぞ。
      3-1 SnapCrab_drivers_2015-2-21_10-19-41_No-00
      3-2SnapCrab   _開いているファイル - セキュリティの警告_2015-2-21_10-19-54_No-00
      3-3 SnapCrab_セットアップに使用する言語の選択_2015-2-21_10-20-1_No-00
      3-4 SnapCrab_Tera Term セットアップ_2015-2-21_10-20-7_No-00
      3-5 SnapCrab_Tera Term セットアップ_2015-2-21_10-20-13_No-00
      3-6 SnapCrab_Tera Term セットアップ_2015-2-21_10-20-18_No-00
      3-7 SnapCrab_Tera Term セットアップ_2015-2-21_10-20-22_No-00
      3-8 SnapCrab_Tera Term セットアップ_2015-2-21_10-20-27_No-00
      3-9 SnapCrab_Tera Term セットアップ_2015-2-21_10-20-31_No-00
      3-10 SnapCrab_Tera Term セットアップ_2015-2-21_10-20-36_No-00
      3-11 SnapCrab_Tera Term セットアップ_2015-2-21_10-20-39_No-00
      3-12 SnapCrab_Tera Term セットアップ_2015-2-21_10-20-41_No-00
  3. Edisonドライバのインストール
    • 何のドライバかはよく分かりませんが、入れるそうです。
    • ダウンロードサイトはhttp://www.intel.com/support/edison/sb/CS-035180.htm4-1 SnapCrab_Intel® Edison Boards and Compute Modules — Software Downloads - Google Chrome_2015-2-21_10-36-11_No-00
    • インストールの流れは以下のとおりです。
      2015-2-21_10-41-2_drivers
       2015-2-21_10-42-9_開いているファイル - セキュリティの警告
       2015-2-21_10-42-17_Intel Edison Device USB driver 100 Setup
       2015-2-21_10-42-31_Intel Edison Device USB driver 100 Setup
       2015-2-21_10-42-33_Intel Edison Device USB driver 100 Setup
       2015-2-21_10-42-35_Intel Edison Device USB driver 100 Setup
       2015-2-21_10-42-56_Windows セキュリティ_5回でるこの警告が4,5回出ますが、インストールを選択します。
      2015-2-21_10-43-3_Intel Edison Device USB driver 100 Setup
       2015-2-21_10-43-56_Intel Edison Device USB driver 100 Setup
       2015-2-21_10-44-4_Intel Edison Device USB driver 100 Setup
  4. EdisonをPCに接続
    • ソフトのインストールが完了したところで、EdisonをPCに接続します。
    • 前回Edisonに接続した2本のUSBケーブルをPCに接続します。
    • そうそるとPCにCOMポートが割り当てられるので、そのポート番号をTeraTermで開きます。
    • 私のPCでは「COM11」でした。USB Serial Portの番号をTeraTermで接続する
    • TeraTermでCOM11ポートに接続します。2015-2-22_15-21-23_Tera Term 新しい接続
    • ターミナルは真っ暗です。でも心配無用!2015-2-22_15-22-2_COM11115200baud - Tera Term VT
    • エンターキーを押します。loginプロンプトが表示されるので、rootと入力します。パスワードは無いのでエンターキーを押します。2015-2-21_11-28-31_COM11115200baud - Tera Term VT
    • uname -a を入力するとバージョンを表示します。
  5. Edison FWをアップデート
    • ここまできたら、ようやくEdison FWのアップデートです。
    • https://communities.intel.com/docs/DOC-23192からFWイメージをダウンロードします。
    • ダウンロードするものは「Yocto complete image」です。2015-2-21_11-34-32_Intel® Edison Boards and Compute Modules — Software Downloads - Google Chrome
    • 実際にPCにダウンロードされたファイル名は「edison-image-ww05-15.zip」。2015-2-21_11-38-47_6 update
    • ダウンロードした「edison-image-ww05-15.zip」を解凍し、edisonに書き込みます。edisonの内蔵ドライブがPCに割り当てられているのでそこにコピーします。私の場合はFドライブに割り当てられています。2015-2-21_11-39-23_コンピューター
    • コピーする前に、Fドライブ内のファイルを全て削除しておきます。そして解凍したファイルを全てこのドライブにコピーします。2015-2-21_11-39-5_edison-image-ww05-15zip  1 ディレクトリ 32 ファイル 5806 MB  1228 MB (21%)
    • コピーが完了したら、TeraTermから「reboot ota」を入力します。そうするとEdisonが再起動し、アップデートを始まります。FWアップデートログ
    • ログインしてuname -aでバージョンを確認します。2015-2-21_16-27-31_COM11115200baud - Tera Term VT
    • 無事に最新版にアップデートできました。

以上でアップデートは終了です。次回からはEdisonに色々なUSBデバイスを接続し、スマホと連携させたりしてみようと思います。
乞うご期待!

(4)サウンド編へ⇒

⇐(2)アップデート編(その1)へ戻る 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です