Intel Edisonを動かす(11) 続カメラ編

edison_001_R

今回はEdisonにWebカメラを接続します。
使用するWebカメラは「Logicool HD Webcam C270m」です。

ではさっそくEdisonに接続します。接続してもシリアルコンソールには何も表示されません。「lsusb」コマンドを入力してみます。
2015-3-29_10-52-12_COM11115200baud - Tera Term VT

「Bus 001 Device 002: ID 046d:0825 Logitech, Inc. Webcam C270」と表示されました。つまり、WebカメラをUSBデバイスとして認識していることが分かります。

次に「dmesg」コマンドを実行し、より詳細な情報を表示します。
2015-3-29_10-55-30_COM11115200baud - Tera Term VT[ 2080.498169] uvcvideo: Found UVC 1.00 device <unnamed> (046d:0825)
[ 2080.590054] input: UVC Camera (046d:0825) as /devices/pci0000:00/0000:00:11.0/dwc3-host.2/usb1/1-1/1-1:1.0/input/input3
という出力から、uvcvideoとして正しく認識していることが分かります。

さて、クロス開発環境とWebカメラの認識と、カメラサーバとして必要な環境は揃いました。
次回は、のびのびになっていた、ストリーミングソフトについて作業を進めたいと思います。

乞うご期待!

 

⇐(10)クロス開発環境構築編へ戻る

(12)ライブストリーミングを考える編へ⇒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です