EUの自動運転の状況

eu_006_R

EUの自動運転

数年前までは夢の技術と考えられていた「自動運転」が、政府が「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」の一つにも加えられたように、数年後の実用化を目指して開発競争に企業・国がしのぎを削っています。

自動運転というとGoogleなどのアメリカや日本、ドイツの自動車メーカーの研究が話題になります。しかし、中国のバイドゥがBMWと組んで自動運転カーの開発を始めたとのニュースもありますし、イギリスやオランダ、スウェーデンなどでもそれぞれプロジェクトを立ち上げて自動運転の開発を国レベルで進めているようです。

フランスでは、2400台の車両・400基の路車協調システム・約1500kmの高速道路での実証プロジェクト(Project Scoop)を2014年より取組んでいます。10月2日からフランスのボルドーで開催されたITS世界会議2015では、自動走行シャトル(CityMobile2)が展示場と会議場間を結び、実際に人員の輸送システムとして使われていました。会議で使われたのはEASY MILE社製造の『EZ10』という自動走行EVで、ハンドルはありません。

このように自動運転の技術開発は、世界の様々な国で行われているようです。

 eu_001

(内閣府:自動運転に関する国際動向平成27年2月27日内閣府大臣官房審議官(科学技術・イノベーション担当)山岸秀之 より)

EUの自動運転カー開発の状況

欧州では、1984年からフレームワーク・プログラム(Framework Programme; FP)を通じて欧州全体として研究開発を支援し、競争力強化を行ってきています。最後の第7次フレームワーク・プログラム (FP7)は2013年で終了し、2014年からHorizon 2020が実施されています。そのHorizon2020において自動運転プロジェクトとして「AdaptIVe(Automated Driving Applications & Technologies for Intelligent Vehicles)」を2014年1月から2017年6月の期間を設定して推進しており、フランス, ドイツ, ギリシャ, イタリア, スペイン, スウェーデン, オランダ, イギリスなどの国が参加しています。

 eu_003_R

(戦略的イノベーションプログラム 自動運転に関する国際動向平成27年9月17日国際連携WG主査天野肇 より)

また、欧州委員会内には、「災害ゼロ、遅延ゼロ、環境への負の影響がなく、安全で、スマートで、 クリーンなモビリティ」「接続され情報が提供される市民」「製品·サービスを手頃な価格で得られる、シームレスでプライバシーは尊重され、セキュリティが提供される社会」をミッションとして、「iMobility Forum」という自動運転に関する議論を行う場が設けられています。それまでの「eSafety Forum」が2011年に移行してできたものです。

EU各国の具体例

Drive Me プロジェクト

ボルボを中心に一般ドライバーに100台の自動運転車両を利用してもらうことで検証を進めるスウェーデンでの取組です。2017年にイェーテボリで実証実験を開始する予定で、乗用車からトラック、公共交通に展開していく予定だという。

 eu_005_R

(https://www.media.volvocars.com/global/en-gb より)

DAVI(Dutch Automated Vehicle Initiative)プロジェクト

オランダのプロジェクトです。但し、オランダに自動車メーカーはありません。オランダの場合は、自動運転車と人との関係や社会需要性に着目して車車・路車協調システムを構築を目指しているようです。そして、自国内に認証機関などが存在するため、政府機関が自動運転技術の安全性を検証し、型式認定の制度化において存在感をしめしたいとのねらいがあるようです。

また、自動運転実用化の効果として、渋滞低減50%、事故削減100% (事故ゼロ)、エネルギー消費削減20%を期待しています。

 eu_004_R

(http://davi.connekt.nl/ より)

Driverless cars プロジェクト

イギリスのプロジェクトです。英国運輸省のアクションプランでは、すでに2015年7月にガイドライン「Code of Practice」を発行しており、2017年夏までに、国内規則の見直し・改正を検討、2018年末までに、国際規則の見直し・改正すべき内容を整理して自動運転技術の実用化を実現させていくことになっています。長期的には完全自動運転を目標としながら、短・中期的には、ドライバー支援型自動運転技術の向上を目指すとのことです。また、当分の間、テストドライバーが乗車し、必要なときにオーバーライドできる状態で実証実験を行うとのことで、その実証実験は、グリニッジ、ミルトンキーンズ、コベントリー、ブリストルの4都市で行われていることになっています。

 eu_002_R

(国土交通省 英国における「Driverless Cars」プロジェクトの概要(1) より)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です