PeOPLe

1a824286457fbae7e12e5243a526de1b_s_R

PeOPLe

PeOPLeは「Person centered Open Platform for wellbeing」の頭文字をとったもので、厚生労働省の「保健医療分野におけるICT活用推進懇談会」が2016年10月に行った提言を受けて、整備が計画されている国民の基本的な保健医療データを統合した情報基盤です。名称からも分かるように、本人中心のオープンな情報基盤です。

ここで扱う医療データとは、非常に幅広いもので、医療機関のカルテ、薬局の調剤記録、自治体の予防接種記録や健診等の記録、医療・介護レセプト、特定健診、母子健康手帳などす。そして、具体的には性別や年齢などの基本情報、既往歴、服薬歴、健診結果、疾患へ処理、アレルギー・副作用等の記録、介護情報など多岐にわたり、それらを一人一人の時間軸に沿って記録するというものです。将来的には、ウェアラブル端末やIoTを活用したライフログ情報なども格納することを考えているようです。

前述の懇談会の提言では、「施設主導の囲い込み型の保健医療データから、患者・国民一人ひとりを中心とし、保健医療専門職に共有される保健医療データへの転換を図るもの」としています。

people_001_R(ICT を活用した「次世代型保健医療システム 」の構築に向けて- データを「つくる」・「つなげる」・「ひらく」- 平成28年10月19日 保健医療分野におけるICT活用推進懇談会 提言より)

データを薬剤師や医師などの医療専門職が共有することで、過去に処方や処置を把握して効果的な治療を施したり、救急搬送時や災害時、患者の意識がないときなどの生命の危険が迫っているときの医療にも役立てたりと、いろいろな活用が考えられています。膨大なデータの分析から新たな医療や介護の知見を得る可能性も期待できます。

現在、医療情報としてNDB(レセプト情報・特定健診等情報データベース)があります。各報道では、いずれPeOPLeに統合されていくようですが、提言では、PeOPLeやNDBなど様々な保険医療分野のデータベースを、産官学の様々なアクターが自らの動機でデータにアクセスして、保健医療データをビッグデータとして活用していくことができる環境が必要として、「データ利活用プラットフォーム」(仮称)の整備を挙げています。

そして、PeOPLeの整備に併せて保健医療データを「データ利活用プラットフォーム」で提供していくようにするということで、工程表では、ともに2020年からの段階的運用・本格的運用を目指しています。

people_002_R
(ICT を活用した「次世代型保健医療システム 」の構築に向けて- データを「つくる」・「つなげる」・「ひらく」- 平成28年10月19日 保健医療分野におけるICT活用推進懇談会 提言より)

データヘルス改革推進本部

「保健医療分野におけるICT活用推進懇談会」の提言で示されたPeOPLeや「データ利活用プラットフォーム」などの具体的な構築を進めるタスクフォースとなるのが、2017年1月12日に設置された「データヘルス改革推進本部」です。

会合で示された工程表では、データプラットフォームを2018年度に開始し、2020年度初頭に本格稼働となっています。

people_003_R(第1回データヘルス改革推進本部資料2「医療介護分野の⼯程表(イメージ)」http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000148419.pdf より抜粋)

推進本部には「予防・健康データWG」「医療データWG」「介護データWG」「ビッグデータ連携・整備WG」の4つの部会が置かれ、利活用分野ごとに必要となる標準化や技術事項の検討を行っていくことになるようです。また、データが分散し、相互につながらないといった問題を生じさせないためのルールづくりも併せて検討していくとのことです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です