BeagleBone Black Cape一覧

eyecatch_beagle

BeagleBone には色々な機能を持った拡張ボードを接続することができます。Raspberry PiやArduinoと同じですね。 この拡張ボードのことをCapeと呼んでいます。 BeagleBone Blackの前のバージョンの、Beagleboardと共通のcapeもあります。 Capeの一覧は、elinuxのBeagleboneのサイトにあります。結構あります。

capes_R

自分の作ったcapeがあれば、wikiでページを作ってメールで知らせると上記のリストに加えてもらえるようです。 以下、便利なcapeについて解説してゆきます。

LCD3 Cape

http://elinux.org/images/thumb/7/73/LCD3-Front.jpg/300px-LCD3-Front.jpg

bb-bone-lcd3-01_R

3.5” TFTの載ったcapeです。LCD部分は 101.6 mm x 63.5mmです。ぴったりサイズで、 このまま何か箱に収めれば、ポータブル機器の試作品がほとんどそのままできてしまいそうです。Digi-Keyでも販売しているようです。(2014/4/20現在)

ARDUINO Shield Adapter

http://elinux.org/Impressx:Arduino_Shield_Adapter ArduinoのshieldをBB Blackに変換するボードです。BB Blackに取り付けられるものの種類が格段に広がります。 http://www.impressx.com/en-gb/products/shieldio.aspx

arduino_bb_conversion_R

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です