BeagleBone Blackの各revisionの違いについて比較

eyecatch_beagle

BeagleBone BlackにはいくつかのRevisionや、中国版などといった差異があります。

elinuxのサイトによると2014/4/20までで、10通りのRevisionが出ています。

    • Revision C (Pending)
    • Revision B (Production Version)
    • Revision A6A
    • Revision A6
    • Revision A5C
    • Revision A5B
    • Revision A5A
    • Revision A4B
    • Revision A4A
    • Revision A4

何が違うのかややこしいのでまとめておきます。

端的に言えばRev. A*はXAM3359AZCZ100でRev.B*/CはAM3358BZCZ100

  • Revision C (Pending)

2014年5月頭ごろ発売予定。eMMCが4GBに増えた。

  • Revision B (Production Version)

AM3358BZCZ100プロセッサ。

  • Revision A6A
    • GND_OSC1をシステムのグラウンドへつなげる0Ωを追加
    • C106を1uFに変更
    • C24を2.2uFに変更。リセットがうまくいかない問題へ対応。
    • R9を削除しR8を追加。TPS65217Cに関連して発生していた問題への対応。VDDSのレールをVRTCのレールへ接続するという変更。
  • Revision A6
    • SYS_RESETがPORZnとORで接続された
    • OSC_GNDに0Ω抵抗を追加しノイズの問題へ対応
    • VDD_3V3BレギュレータをVDD_3V3Aレールへ移動。3.3Vレールのランプアップを低減する目的。
  • Revision A5C
    • R46, R47, R48を0Ωへ変更
    • R45を22Ωに変更
  • Revision A5B
    • 機能的にはA5Aと何も異ならない
  • Revision A5A
    • XAM3359AZCZ100を使用
    • 47pFバイパスをLCD信号のいくつかへ追加しノイズに対策
    • TPS65217に、バッテリへの接続パスを追加。
    • 起動、パワーダウン、スリープの機能を持つパワーボタンを追加
    • 100kプルダウンをJ1,の1から4ピンへ追加
  • Revision A4B
    • 100kプルダウンをJ1の1から4ピンへ追加しシリアルポートの問題へ対応。
  • Revision A4A
  • Revision A4
    • 初回バージョン

このほか、中国版BeagleBone Blackが出ています。

Revisionについてまとめた情報はいまのところ見つかっていないので、また分かったら追記します。

ベンダーは下記の2件があるようです。

 

TIのサイトによると、オリジナルと中国版とはそれぞれ下記のスペック。

中国版

BeagleBone_Black
Current Version 1.0
Memory 2GeMMC Flash, 512MB DDR3 SDRAM
More info Go to company Website
Multi-func expansion interface Jtag UART Serial
Price (USD) Per Unit 399RMB
Processor Ti AM3359 1GHZ,Cortex-A8 Processor
Signals Routed to Pins HDMI,10/100M Ethernet,USB2.0 host&OTG,TF,LCD,eMMC ,ADC,I2C,SPI,PWM…
Software Ready-to-Run Linux 3.8 Operation System
Version Date 07-05-2013
Volume Pricing Available? Y
What’s Included? BeagleBone Black
interface UART1, Clock, HDQ

 

 

オリジナル

BeagleBone
Example Applications Roboticsmotor driversTwitter printerdata backupSDR base stationUSB data acquisition and more
Board size 3.4″ x 2.1″
DDR memory 512 MB
Development environment Cloud9 IDE on Node.JS with Bonescript library
Ethernet On-chip 10/100 Ethernet
JTAG Optional
Memory 2GB eMMC memory that’s pre-loaded with Angstrom distribution and that frees up your microSD card slot
More info Product Details
Power Options Via USB or 5V DC input
Price (USD) Per Unit $45.00
Processor 1GHz AM3359 Sitara ARM Cortex-A8
USB 1-port USB 2.0 Host
1-port USB 2.0 Client
Version Date 23 APR 2013

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です