気になっていた中国版BeagleBone Blackを調べてみた

eyecatch_beagle

過去の記事で気になっていた中国版BeagleBone Blackについて調べて見ました。

過去の記事ではベンダー2社あると書きました。よく調べてみると次のようになっています。

番号 ベンダ名 製品名 所在地
1 element14 element14 BeagleBone Black ??
2 Embest Technology Co., Ltd element14 BeagleBone Black Shenzhen
3 Waveshare Electronics BB Black Shenzhen

番号1と2はベンダが異なりますが、製品名は同一です。両社のHPを調べてみると、element14というのは英国の会社であるPremier Farnell が提供するサービスの名前のようです。

また、Embest社のHPを見るとこの会社はPremier Farnell Group (called element14 in APAC)です。つまり両社はPremier Farnell 関連ということになります。

一方、Waveshare Electronicsはというと所在地は2番のEmbestと同じシンセン(中国)です。製品は一見すると別物のようですが、製品紹介ページにあるこの写真を見ると、「Embest」という文字が基板に印刷されています。その下には「element14」という文字が読み取れます。どうやらこの3つの製品は出処は同じようです。

そうなると製造会社はEmbestかWaveShareのどちらかとなります。両社のHPを見る限りではEmbest社が製造会社、Waveshare社はセールス会社と見受けられます。つまり、中国版BeagleBone BlackというのはEmbest社製ということになります(あくまでも推測です)。

このEmbest社から提供されているBeagleBone Blackは現在Revision Cになっています。

スペックは以下の通りです。

Features

  • Processor: TI Sitara AM3358AZCZ100, 1GHz, 2000 MIPS
  • 4GB 8-bit eMMC on-board flash storage (rev. C)
  • SDRAM: 512MB DDR3L 800MHZ
  • 3D graphics accelerator
  • NEON floating-point accelerator
  • 2x PRU 32-bit microcontrollers
  • USB host, Ethernet, HDMI
  • SD/MMC Connector for microSD
  • 2x 46 pin headers
  • Software: Debian, Angstrom, Ubuntu, Android

以前の記事と比較すると、eMMCのサイズが2GBから4GBに変更になっています。CPUもAM3359からAM3358に変わっていますが、スペック的にはほとんど変わりがありません。オリジナルのスペックを見てみると、Revision CではeMMCは4GB、CPUはAM3358になっています。つまり、中国版もオリジナル版のRevision upに合わせたと考えられます。

Revision Cでようやく製品版になったとwikiにあります。その前にはいつかのRevisionが存在しているため、何度も改版されて来たことが分かります。

この中国製BeagleBone Blackはここに書いてありますが

*element14 BeagleBone Black is a BeagleBoard Compliant design available from element14.

オリジナルの互換品です。互換品ですので、オリジナル用のソフトも当然動作します。用意されているソフトはwikiによれば

と非常に豊富です。

過去の記事で気になっていた中国版BeagleBone Blackについて調べて見ました。

過去の記事ではベンダー2社あると書きました。よく調べてみると次のようになっています。

番号 ベンダ名 製品名 所在地
1 element14 element14 BeagleBone Black ??
2 Embest Technology Co., Ltd element14 BeagleBone Black Shenzhen
3 Waveshare Electronics BB Black Shenzhen

番号1と2はベンダが異なりますが、製品名は同一です。両社のHPを調べてみると、element14というのは英国の会社であるPremier Farnell が提供するサービスの名前のようです。

また、Embest社のHPを見るとこの会社はPremier Farnell Group (called element14 in APAC)です。つまり両社はPremier Farnell 関連ということになります。

一方、Waveshare Electronicsはというと所在地は2番のEmbestと同じシンセン(中国)です。製品は一見すると別物のようですが、製品紹介ページにあるこの写真を見ると、「Embest」という文字が基板に印刷されています。その下には「element14」という文字が読み取れます。どうやらこの3つの製品は出処は同じようです。

そうなると製造会社はEmbestかWaveShareのどちらかとなります。両社のHPを見る限りではEmbest社が製造会社、Waveshare社はセールス会社と見受けられます。つまり、中国版BeagleBone BlackというのはEmbest社製ということになります(あくまでも推測です)。

このEmbest社から提供されているBeagleBone Blackは現在Revision Cになっています。

スペックは以下の通りです。

Features

  • Processor: TI Sitara AM3358AZCZ100, 1GHz, 2000 MIPS
  • 4GB 8-bit eMMC on-board flash storage (rev. C)
  • SDRAM: 512MB DDR3L 800MHZ
  • 3D graphics accelerator
  • NEON floating-point accelerator
  • 2x PRU 32-bit microcontrollers
  • USB host, Ethernet, HDMI
  • SD/MMC Connector for microSD
  • 2x 46 pin headers
  • Software: Debian, Angstrom, Ubuntu, Android

以前の記事と比較すると、eMMCのサイズが2GBから4GBに変更になっています。CPUもAM3359からAM3358に変わっていますが、スペック的にはほとんど変わりがありません。オリジナルのスペックを見てみると、Revision CではeMMCは4GB、CPUはAM3358になっています。つまり、中国版もオリジナル版のRevision upに合わせたと考えられます。

Revision Cでようやく製品版になったとwikiにあります。その前にはいつかのRevisionが存在しているため、何度も改版されて来たことが分かります。

この中国製BeagleBone Blackはここに書いてありますが

*element14 BeagleBone Black is a BeagleBoard Compliant design available from element14.

オリジナルの互換品です。互換品ですので、オリジナル用のソフトも当然動作します。用意されているソフトはwikiによれば

と非常に豊富です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です