中国版BeagleBone Black element14で遊んでみた 第8回

eyecatch_beagle

今回は組み込みの世界ではお馴染みのGPIOポートを使用してみます。element14のGPIOポートにスイッチとLEDを接続します。そしてスイッチを押すとLEDが点灯し、離すと消灯するというものです。 接続は以下の通りです。

element14_gpio1_001

element14のP9_12(GPIO/IN)をスイッチに接続し、スイッチのON/OFFを検出します。 P8_12(GPIO/OUT)はLEDの点灯/消灯を制御します。 つまり、P9_12(GPIO/IN)の信号がHighになったら、pythonプログラムはP8_12(GPIO/OUT)をHighにすれば良いのです。 pythonからGPIOを制御するにはAdafruite_BBIO.GPIOクラスを使用します。 ではさっそくプログラムを実行します。下記はスイッチを押していない状態です。LEDが消灯しています。

element14_gpio1_002

 

スイッチを押すと、LEDが点灯します。

element14_gpio1_003

element14 + pythonでこんなことも簡単に出来てしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です