中国版BeagleBone Black element14で遊んでみた 第6回

eyecatch_beagle

今回はelement14のSPIに温度センサーを接続してみます。 element14のP9_1(GND)、P9_18(SPI0_MOSI)、P9_21(SPI0_MISO)、P9_22(SPI0_SCK)、P9_4(3.3V)を温度センサーに接続します。

p1320164_001

pythonプログラムからSPIを使用するには、「Adafruit_BBIO.SPI」クラスを使用します。 このクラスを使って、温度センサーを読み取るプログラムを作成し、実行します。 温度センサーに触れていない状態です。

p1320164_002  70361f8718b0457ad3a0ac027328daf7_001

温度センサーに触れると、画面上の数値が上昇します。SPI経由で温度センサーから温度情報を取得していることが分かります。

p1320164_003   70361f8718b0457ad3a0ac027328daf7_002

「Adafruit_BBIO.SPI」クラスを使用すると、わずか15行でSPIを制御することが出来ます。素晴らしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です