中国版BeagleBone Black element14で遊んでみた 第10回

eyecatch_beagle

記念すべき第10回はelement14にLCDタッチパネル接続してみます。 使用したタッチパネルはここにある4.3インチLCDタッチパネルと、タッチパネルI/Fを持ったDVK530 です。 4.3インチLCDタッチパネル

4_3LCD_001

 

裏面

4_3LCD_ura_002

 

DVK530

DVK530_003

LCDを接続するコネクタは2つあります。1つは7インチ用、もうひとつは4.3インチ用です。今回は4.3インチ用を使います。写真の「LCD4.3」と書いてなるコネクタです。

dvk530_004

element14にDV530を合体させた状態です。elemet14の上にDV530が載っています。

element14_005

コンソール用のシリアルピンは「DEBUG」ピンにあります。「GND」「RX」「TX」ピンはelement14からそのまま直結されているので、それらにUSBシリアルアダプタを接続します。

DVK530_006

element14 + DV530 4.3インチLCDを接続すると、こんな感じです。

eb_007

接続が完了したら、次はイメージファイルをダウンロードします。 LCDを動作させるには、

http://www.wvshare.com/product/BB-Black-Package-A.htmからイメージファイルをダウンロードします。
このページを下にスクロールするとイメージファイルのリンクがあります。
element14_008
 赤線をクリックし、イメージファイルをダウンロードします。
ダウンロードの転送速度が非常に遅いため(数+キロバイト/秒)、ダウンロードに時間がかかります。
  • ダウンロードしたイメージファイルは「IMG.zip」というファイル名です。
  • これを解凍すると「Angstrom-Cloud9-IDE-GNOME-eglibc-ipk-v2012.12-beaglebone-2013.05.24-waveshare.img.7z」というファイルが出来ます。
  • これをまた解凍して出来る「Angstrom-Cloud9-IDE-GNOME-eglibc-ipk-v2012.12-beaglebone-2013.05.24-waveshare.img」がSDカードに書き込むイメージです。
 次はイメージを書き込むSDカードをフォーマットします。

USBアダプタにセットしたマイクロSDカードをPCに差し込むと、HPUSBDisk.exeが認識するので、以下の手順でSDカードをフォーマットします。

element14_009
SDカードをフォーマットしたら、先に解凍済みのイメージファイルを書き込みます。
  • その前に書き込みツール「Win32DiskImager-0.9.5-install.exe 」をダウンロードします。
  • ダウンロード先:http://sourceforge.jp/projects/sfnet_win32diskimager/releases/
  • Win32DiskImager-0.9.5-install.exe 」をクリックし、インストールします。
  • 「Win32DiskImager」を起動します。

element14_010

以上で、SDカードの準備は完了です。さっそくelement14のSDカードスロットに差し込みます。
  • BBBにイメージフィルを書き込んだSDカードをセットし、起動します。起動時にはBOOTボタンを押しながらACアダプタを挿入します。
  • 電源はACアダプタから供給して下さい。USB電源では起動しませんでした。

dv530_011

 SDから起動すると、以下の画面になります。「Angstorm」というディストリビューションです。
element14_012
  • ログインします。ログイン名は「root」です。パスワードはありません。
  • 「test_lcd4.3 」を実行します。
element14_013
コマンドの実行が完了したら、Rebootします。
 ペンギンが出ました。
element14_014
しばらくすると
 element14_015

 

デスクトップ画面が起動してきます。

element14_016

 

画面をタッチしてみますが、カーソルが表れません。

element14_017

よく見てみると、画面右にカーソルがあります。

element14_018

このままではタッチパネルの座標がずれているので補正します。
シリアルコンソールからrootでログインします。
element14_019

 

  • ts_calibrateを実行し、タッチパネルの座標を補正します。
  • ただし、GUIが起動している状態でts_calibrateを実行してもうまく補正されないようです。GDM(Gnome Display Manager)プロセスをkill してからts_calibrateを実行します。

element14_020

Killするとデスクトップが消えました。
element14_021

 

次にts_calibrateを実行します。ts_calibrateは5点補正です。4隅+中央をクリックします。

element14_022

 

element14_023

 

  • 5点補正したら、syncコマンドを実行します。これにより/etc/pointcalcがSDカードに書き込まれます。
  • Rebootします。
  • 起動したらタッチした位置にカーソルが来たら成功です。失敗したらts_calibrateからやり直してください。

補正成功の図

element14_024

今回はLCDタッチパネルを接続し、タッチパネルの座標補正まで行いました。皆さんの参考になれれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です