中国版BeagleBone Black element14で遊んでみた 第1回

eyecatch_beagle

element14からリリースされているBeableBone Blackの互換品であるelemetn14 BeagleBone Blackを入手しました。

パッケージはこれです。

p1320085_001

ふたを開けてみると

  • BBB基板1枚
  • USBケーブル1本
  • ペラ1枚

が入っています。

p1320085_002

さっそく、基板を取り出します。

p1320085_003

p1320085_004

基板の表面には「element14」とシルク印刷されています。

CPUはお馴染みの「TI AM3358BZCZ100」が載っています、基板中央の部品です。

メモリはCPUとUSBコネクタの間にあります。element14の紹介ページによれば「SDRAM: 512MB DDR3L 800MHZ」とあります。

また内蔵ROMとして4GBのeMMCが載っています。上記写真でCPUの右下のチップです。「Kingstone」という文字が見えます。

第2回は電源を入れてみます。このまま電源を入れるとeMMCに入っているLinuxが起動するとのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です