IoT規格 oneM2Mとは?

oneM2M_R

←IoTの規格にはどんなものがある?に戻る

oneM2Mとは 世界の主要7標準化団体の共同プロジェクトで、M2Mのためのサービスレイヤの標準化を行っています

2012年に発足した団体です。2014年8月にCandidate Releaseとして、規格のドラフトがリリースされました。この企画はオープンな規格です。こちらからダウンロードすることができます。 onem2m_site (oneM2Mのサイトより)

日本の標準化組織2件を含む、全7つの標準化組織により推進され、登録メンバは208社

onem2m_member1

代表的なところでは、下記の企業がメンバになっています。 AT&T、Cisco systems、大日本印刷、CSR、Docomo、Ericsson、富士通、freescale、Hitachi、Huawei、HTC、Intel、KDDI、LG、NEC、NTT、Panasonic、Qualcomm、Sony

 まだ抽象的なレベルで定義されたのみ。規格を作成中

zu02_R (http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/112800109/120100003/?SS=imgview&FD=55062768&ST=network より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です