IoT規格 MQTTとは?

mqtt_logo

←IoTの規格にはどんなものがある?に戻る

MQTT(MQ Telemetry Transport)とは HTTPに代わる軽量なオープンソースのメッセージプロトコル

MQTTは1999年からIBMにより推進され、現在はオープンソースとなっているプロトコルです。ibm-logo_R

MQTTはメッセージの配信に特化しており、特に多数のPublisher/Subscriberを持たなければいけない用途に使われています。また、軽量な点と同期通信な点を生かして、リアルタイム通信が必要な用途にも使われています。 具体的には

などが挙げられます。 (http://tdoc.info/blog/2014/01/27/mqtt.html より) MQTTは元々は1999年からIBMとEurotech社が策定していました。IBMはIBM MessageSightという製品を持っています。 その後 2011年にEclipse FoundationにMQTTのコードが寄贈され、また、2013年にOASISという国際標準化団体にて標準化が行われるようになりました。 仕様はロイヤリティフリーで公開されています。現在の仕様は3.1が最新で、近々3.1.1が登場します。 (http://tdoc.info/blog/2014/01/27/mqtt.html より) iot_device_vendor_R (http://codezine.jp/article/detail/8000 より)

MQTTはOSI参照モデルのアプリケーション層のプロトコルです。 MQTTの実装は、

MosquittoはCで書かれた古くからある実装で、ほぼすべての機能を実装しており、参照実装として扱われることが多いです。 RabbitMQはerlang製の定評あるMQサーバーです。AMQPなどにも対応していますが、MQTTにも対応しています。 Pahoは前述の通りIBMから寄贈された実装で、Java版やPython、JSなど、多彩な言語に対応しています。 ActiveMQ ApolloはMQTTTの他STOMPやAMQPなどもできます。 (http://tdoc.info/blog/2014/01/27/mqtt.html より)

IBMのサイトで、IBM MessageSight for Developersという、MQTTのサンプルキットが配布されています。 MQTT as a serviceとして、sangoというサービスもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です