IoT規格 6LoWPANとは?

6lowpan_R

←IoTの規格にはどんなものがある?に戻る

6LoWPAN(シックスロウパン)とは 各ノードがIPv6アドレスを持つ低消費電力でオープンなワイヤレス・メッシュ・ネットワーク

6LoWPANはIPv6 over Low power Wireless Personal Area Networksの略語です。物理層にはZigBeeと同じIEEE802.15.4を用いています。TCP/IP技術全般の標準化を行っているIETFにより2004年から策定が開始されてきています。 6lowpan_mesh_R (http://www.tij.co.jp/lsds/ti_ja/wireless_connectivity/6lowpan/overview.page より)

6LoWPANの特徴:オープンIP標準、メッシュ・ルーティング、Ethernetや802.15.4などをサポート

  • TCP、UDP、HTTP、COAP、MQTT、WebSocket を含むオープン標準
  • エンド・ツー・エンドに IP アドレスの指定が可能なノード
  • ゲートウェイ不要。ルータが 6LoWPAN ネットワークを IP に接続
  • 1 対多および多対 1 のルーティング
  • 堅牢でスケーラブルな 1000 以上のノード
  • セルフヒーリング
  • ホストは長時間スリープ状態のまま、メッシュ・ルータが他の宛先へのデータをルーティング可能
  • 複数の通信プラットフォームをまたがって使用(イーサネット/Wi-Fi/802.15.4/ Sub-1GHz ISM)

(http://www.tij.co.jp/lsds/ti_ja/wireless_connectivity/6lowpan/overview.page より)

6LoWPANはOSI参照モデルのネットワーク層のプロトコル

ne_academy (http://www.dust-consortium.jp/media/ne_academy2014/0818_02.html より)

2014年12月リリースのBluetooth4.2ではInternet Protocol Support Profile (IPSP) として6LoWPANを介してインターネットに接続できるように

こちらのBluetoothサイトで、Bluetooth4.2で採用されているプロファイルの一覧が見れますが、その中にInternet Protocol Support Profileがあります。Bluetoothデバイスが低消費電力なまま6LoWPANでインターネットにつながると、モノのインターネットという感が強まりますね。プロトコルの構成の例は下記の通りです。 ipv6onnrf51_R (http://thevoidptr.wordpress.com/tag/nordic-semiconductor/ より) また、ZigBee IPという、ZigBeeの次世代の規格にも6LoWPANが採用されています。プロトコルの構成の例は下記の通りです。 zigbeeip_example (http://www.zbsigj.org/wp/wp-content/uploads/2013/06/WJ2013_in-booth_SIG-JA_920ZIP_20130529-31.pdf より)

搭載モジュールがいくつか出ています

mbed

mbed に、6LoWPAN対応の物が出てくるようです。mbed OSという新たにリリースされたOSにこの機能が搭載されるようです。 IMG_1822 (http://mag.switch-science.com/2014/10/06/mbed-os-and-device-server/ より) また、Google傘下のnestの推進するThreadという規格にも対応するようです。

各種920MHz帯の無線モジュール

テセラ・テクノロジー社

tessera_img

ユーシーテクノロジ株式会社

uctec

佐鳥電機株式会社

satori_img

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です