デバイスWebAPIコンソーシアム(GotAPI)

gotapi_002_R

 ←IoTの規格にはどんなものがある?に戻る

「デバイスWebAPIコンソーシアム」は、NTTドコモが開発した「デバイスコネクトWebAPI」をベースにし、国際的な標準化団体「OMA(Open Mobile Alliance)」で標準化されたインタフェース技術である「GotAPI(Generic Open Terminal API)」の普及を目指してNTTドコモとSOFTBANKが中心となって設立された業界団体です。

4月30日現在、NTTドコモ、SOFTBANKの他、アイ・オー・データ、NECソリューションイノベータ、オムロン、カシオ、シャープ、エプソン、ソニー、日新システムズ、日本マイクロソフト、富士通、リコーなど、携帯電話事業者、機器メーカー、サービス提供会社等27社が参加しています。。

NTT及びSOFTBANKの報道発表では

「GotAPI」は、複数のウェアラブル機器やIoT機器を一元的に操作するスマートフォンアプリやWebアプリの開発を容易にするインターフェース技術です。「GotAPI」をインストールしたスマートフォンでは、サービス提供会社が提供するスマートフォンアプリやWebアプリから「GotAPI」に対応する複数のウェアラブル機器やIoT機器を一元的に操作することが可能となります。

通信の高速化・大容量化の進展とともに、あらゆるモノが通信でつながるIoTの時代になると言われており、今後も通信機能を活用した様々な機器の登場が予想されております。本コンソーシアムでは、世界に先駆けて、拡張性・汎用性の高い「GotAPI」の普及活動を行い、様々なウェアラブル機器やIoT機器の利便性を高め、それら機器の市場の発展に寄与してまいります。

と述べています。

ウェアラブル機器やIoT機器での「GotAPI」使用イメージ(例)

gotapi_001_R

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です