ハイプサイクル2016

hype_cycle2016japan_002_r

ハイプサイクル2016

ガートナージャパンは、ガートナーがその重要性を強調しているNexus of Forces(力の結節:モバイル、ソーシャル、クラウド、インフォメーションという4つの力の強固な結び付き)との関連性と、デジタル・ビジネスの進展への貢献という視点から、38のキーワード(テクノロジ、方法論、プラクティス、コンセプト)を選定し、日本国内におけるトレンドを示した「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2016年」を10月5日に発表しました。2007年より発表していますので、10回目となるのでしょうか。

2015年との比較

2015年の「過度な期待のピーク期(Peak of Inflated Expectations)」にあったのはクラウド管理プラットフォーム、セキュリティ・インテリジェンス、ウェアラブルデバイス、ソーシャルマーケティング、モノのインターネットなどでしたが、2016年では、サービスとしての統合プラットフォーム、スマートマシーン、パブリッククラウド(ERP)、人工知能、セキュリティ・インテリジェンス、モノのインターネットなどとなっています。
モノのインターネットは、「過度な期待のピーク期」にあるものの、ピークは過ぎてデータサイエンスとともに「幻滅期(Trough of Disillusionment)」に入ろうとしています。また、昨年「過度な期待のピーク期」にあったウェアラブルデバイスは「幻滅期」に完全に入っているようですし、2014年には「過度な期待のピーク期」にあったビッグデータは「幻滅期」の底に達しようとしています。かわって「黎明期(Innovation Trigger)」から「過度な期待のピーク期」に入ろうとしているのが、IoTプラットフォームやIoTクラウド・プラットフォーム・サービス、そして市民開発者(シチズンデベロッパー)です。
また、2015年では黎明期の下にあったオフショア・デジタル・イノベーション、モバイル・アプリケーション開発プラットフォーム、WebスケールITが「過度な期待のピーク期」に差し掛かりつつあります。そして黎明期の入口に「ヒューリスティック・オートメーション」という聞きなれない言葉が入ってきています。

2016年の日本におけるテクノロジのハイプサイクル

hype_cycle2016japan_001_r(https://www.gartner.co.jp/press/html/pr20161005-01.html より)

 

2015年の日本におけるテクノロジのハイプサイクル

hype_cycle2015japan_001(https://www.gartner.co.jp/press/html/pr20151027-01.html より)

 

2014年の日本におけるテクノロジのハイプサイクル

hype_cycle2014japan_001(https://www.gartner.co.jp/press/html/pr20141029-01.html より)

 

2013年の日本におけるテクノロジのハイプサイクル

hype_cycle2013japan_001(https://www.gartner.co.jp/press/html/pr20131015-01.html より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です